HOME // メニュー // 不動産の購入にかかる諸費用・仲介手数料

不動産の購入にかかる
諸費用・仲介手数料

物件を購入する際にかかるさまざまな費用・仲介手数料についてご説明します。
※あくまで概略を示したもので、物件によって詳細は異なります。

諸費用一覧(概略)

【契約】印紙税:売買契約書、建築請負契約書等に貼る収入印紙代。一般的に契約時に支払う。
【登記】登録免許税:登記の際にかかる税金。一般的に残金時に支払う。
【登記】報酬:登記手続きを依頼する司法書士への報酬。一般的に依頼時に支払う。
【ローン】融資事務手数料:金融機関への手数料。金融機関により異なる。一般的にローン契約時に支払う。
【ローン】印紙税:ローン契約書に貼る収入印紙代。融資金額により異なる。一般的にローン契約時に支払う。
【ローン】ローン保証料:保証人を立てる代わりに保証会社を利用する場合の費用。金融機関により異なる。
【ローン】団体信用生命保険保険料:住宅ローンの借り入れにあたって加入する保険料。
     銀行ローンの場合は金利に含まれているので不要となる。
【ローン】火災保険料:住宅ローンの借り入れにあたって、建物にかける保険料。金融機関により異なる。
【仲介】不動産仲介手数料:不動産会社に支払う仲介手数料。(※下記参照)一般的に売買契約時・残金時に支払う。
【他の税金】固定資産税・都市計画税清算金:年税額を引き渡しの日以降の分日割で清算。一般的に引渡時に支払う。
【他の税金】不動産取得税:土地、建物を取得した際の地方税。一般的に登記後数ヶ月で支払う。
【他の税金】贈与税:購入資金の贈与を受けたときなどに支払う。
【その他】管理費等清算金:区分所有建物の場合、月額管理費を引き渡しの日以降の分日割で清算。
     一般的に引き渡し時に支払う。
【その他】負担金:建物住宅の購入の場合、水道加入金等の負担がある。一般的に引き渡し時に支払う。

FEE 仲介手数料
【仲介手数料とは】

宅地建物取引業者が、宅地または建物の売買、または交換の媒介に関して依頼者から受けることのできる報酬のことを指す。この額は、依頼者の一方につきそれぞれ当該売買に関わる代金の額、または当該交換に関わる宅地(もしくは建物の価格)に準じて金額の目安が決められる。

【報酬額目安】

200万円以下の金額:100分の5
200万を超え400万円以下:100分の4
400万円を超える金額:100分の3

メニュー一覧